【2021年最新】ダイビングライセンスを取得するには季節って関係あるのでしょうか?

2020.01.24
HOW TO

ダイビングのイメージは夏!!!これにつきると思いますが、ダイビングは年中できるスポーツって皆さんご存じでしたか?

ダイビング始めるまではダイビングは夏。
青い空に、白い雲、それに青い海・・・ってイメージでした。

ダイビングは年中どの季節でもできるスポーツです。
ダイビングライセンス取得も年中どの季節でもライセンスを取得いただくことが可能です。

ダイビングライセンス取得はどの季節が一番よいのでしょうか?

季節に関係なく、どの季節でもメリット・デメリットがあります。

夏はご予約されるお客様がたくさんいらっしゃいますので、予約が取りにくい状況になります。
海の状況は水温・気温ともに高くなるので水着・ウエットスーツでダイビングの講習を行います。
寒さに弱い女性にとっては一番快適な季節かもしれませんね。
夏は女性にとって大敵な紫外線量が多くなり、日焼けなどにとても注意をする必要ある季節とも言えます。

反対に冬からダイビングをされるお客様は、夏に比べると格段に少なくなります。
講習の予約も比較的自由に設定することができ、スケジュールがとても組みやすい状況にあります。
夏と違って、紫外線量は少なく女性にっとって大敵な日焼けなども夏よりは安心かもしれませんね。
また、水着を着用してダイビングを行いませんので、水着姿に抵抗のある方にとっても冬から始めるダイビングはよりメリットがあるかもしれません。冬の海は透明度も高く、真っ青な海を楽しむことができます。

春や秋は夏ほど熱くなく、冬ほど寒くないのでダイビングを行うには快適な季節です。
春は夏に向かってだんだんと水温も上がってくる季節ですし、夏より講習の予約も多くないので、比較的スムーズにライセンスの取得が可能になる季節です。6月ごろは梅雨のシーズンなので、雨が多くなります。

秋は少しずつ季節が冬に向かってくるので、気温は低くなる傾向になりますが、水温の低下は気温より遅れて下がってくるので比較的暖かい海でダイビングを行うことが可能です。
ただ、秋は台風シーズンになので台風の影響で実習が中止になる可能性が高い季節でもあります。
台風がきてしまうと、海が荒れ、うねりの影響で海の透明度も下がります。

ダイビングを始めてみたいと思ったときこそダイビングを始める季節ですね。