女性からの多い質問。生理のときダイビングってできるの?

2019.10.29
HOW TO

「生理のときはダイビングってできるの?」これは女性からの多い質問です。

一般的には生理のときでもダイビングはできますが、注意が必要です。

生理には個人差がありますので、人によっては生理痛がひどかったり体調がよくない方もいらっしゃいます。
その場合は体調と相談しながらダイビングを行うよう気を付けてください。
生理中は体調を崩しやすくなっています。体調確認をしっかりし、無理をしないのが一番です。

気分的に生理のときにダイビングを行いたくないと思ったら、せっかく予定していたことですが、
すっぱり違う日程に変更してください。
不安がともなうダイビングはストレスにもつながります。楽しいダイビングを行うためには日程変更も必要です。

薬を飲まないと日常生活に支障をきたすほどの生理痛がひどい方はやめておきましょう。
生理痛がひどい方は医師に相談されたほうがいいですね。

生理中はナプキン・タンポンどちらも着用は普段通りです。
ナプキンだけでもよいのですが、タンポンがあればより安心です。
普段タンポンを使用されたことのない方は、ナプキンだけでも問題ないと思います。

出血しやすいのは水圧がかからなくなる海から上がるときが注意が必要です。
少々の漏れはナプキンでも吸収してくれるので、海から上がったらできるだけ早くトイレで交換しましょう。

生理の時に準備しておくとよいもの
・替えの生理用品
・ビニール袋(中身が見えないもの)
・大き目のバスタオル
・暖かい防寒着(お尻まで隠れるものがおすすめ)
・暖かい飲み物

生理中の場合、気を付ける点があるので確認しましょう

生理中が体温が低い状態になっています、長時間海の中に入っていると体調を崩す可能性がありますので、
できるだけ長時間海に入るのは避けましょう。

海から上がった後は、暖かいシャワーを浴び、水分をふき取り、上着などを羽織るなどして、体を冷やさないようにしましょう。

ダイビングをするときタンポンを使用する方も多い方思います。清潔に保つためにもこまめに交換しましょう。
トイレの場所も確認していると安心ですね。

漏れてしまっても目立たないよに、濃い色の水着や、サーフパンツ、お尻まで隠れる上着などあると安心です。

生理痛をおさえるために市販お薬を飲む方がいらっしゃいますが、おすすめできません。
お薬を服用する際は、婦人科などでダイビングをしても問題ない薬を処方していただきましょう。

体調がすぐれない場合は、すぐにダイビングを中止しましょう。

体調管理は万全に、ダイビングを楽しみましょう!